ジェットコースターやおばけ屋敷などの恐怖からくる興奮が、隣りの男性への。恋の興奮。に変わってくる。ただ、男性がジェットコースターが嫌いだといって、彼女だけ乗せても効果はない。いっしょに恐怖を味わうことで、連帯感も生まれてくる。遊園地でなくても、映画館がある。映画なら、はやりのホラ、スリラーものが同じような心理効果を期待できる。いまでは、ホラ映画はデートコスの定番なのだそうだ。恐い体験のあとは、親近感が増しており、それ以前よりもずっと二人の仲は深くなっている。このチャンスを生かせば、男性の告白もきわめて受け入れられやすいというわけだ。心理的興奮は恐怖ばかりではなく、スキ!やテニスなどのスポーツによっても、こうした興奮が得られる。出逢い アプリ で知り合ったテニスコートで恋がめばえやすいのは、何も短いスカートのせいばかりではないということである。*ジェットコースターやホラ映画など、軽い恐怖体験の共有でさる場所にデートに鶴う*自分の気持ちを伝えたいときは、ニ人で怖い体験をしたあとが受け入れられやすいれなぜ、自分の砂理想のタイプ。と正反対の女性を好きになってしまうのか相手に対する強い反発、悪印象は、強い好意の裏返しであるょこぎわた吋スターを発掘する名プロデューサーとして知られるフジの横沢彪氏が、「最初嫌われるタレントほど、人気が出る」といったことがある。たけし、さんま、タモリは、みんなそうだつたというのだ。8イヤな奴。と思われるということは、個性が強いということになる。はじめは、見慣れないものに対する違和感から避けようとするのだが、その強い個性が本物であればあるほど、やがて魅力が勝ってきて逆に好意を持つようになるのである。男性同士ならわかると思うが、私が十代のころには、初対面の男といきなりケンカするなんてこともよくあった。いまの若者はどうだかわからないが、ケンカとまではいかなくても、「いけすかない奴だ」くらいに思ったことはあるだろう。ところが、話してみると、初対面の悪印象とは逆に案外いい奴で、すっかり意気投合したりする。男女の恋愛も同じである。少女マンガやハlレクインの恋物語ではないが、出会いはかなんてイヤな奴!’と反発し合っても、やがていつしか恋が芽ばえていくという、典型的な恋のパターンが実際にはいくらでもあるのだ。2どうしたら、彼女と親しくなれるか逆に言えば、相手のことを、どうとも思わないというのなら、心に高まりゃ胸騒ぎといったものは起こらない。

たまたまむずかしい話になったとしても、ときどき冗談を言って笑いをおりまぜるくらいのサービス心は必要だろう。もし、女性を笑わせるのがどうしても苦手というなら、コメディ映画に連れていくといいだろう。冗談の言えない人でも、彼女に冗談を言って笑わせるのと同じ効果が期待できる。一度、彼女を心底笑わせることができれば、次回からの男性の行動はじつに楽になる。前回「楽しかった」という思いが残っていれば、女性はつぎのデトにもかならずつきあってくれる。おもしろい話だけでなく、ごくふつうのことを言っても興味を持って聞いてくれるし、会社のグチにでも真剣にうなずいてくれるようになる。*デートで映画に行くなら。シリアスものよりe笑えるもの*デートのまえには、彼女が笑いそうな申話材を用意してお〈にする却なぜ、女性はジェットコースターに乗ったり、ホラ映画を見たがるのか恐怖体験などで起こった興奮は、そのまま恋の興奮へ移行しやすい昔もいまも、遊園地は人気デートコスのひとつである。ジェットコースターに乗って喜ぶのは、子どもよりむしろ若者のカップルが多いようだ。モテない男性にかぎって、子どもの行くところへ大人が行って、どこがおもしろいのかという顔をしているが、モテる男性が大人になっても遊園地へ行くのは、そのメリットを無意識に知っているからともいえる。カナダのパンクパlで行なわれた、吊り橋を使った有名な実験がある。吊り橋の中央で、渡ってきた男性に女子学生が「自然関係と創造性」という、いささか場違いの文章を書いてくれと依頼する。そして、この研究についてくわしい説明が必要だったら、あとで自宅に電話してくれと、電話番号を書いた紙を渡す。ふつうなら、自分に何も関係のない研究に関しては興味は抱かず、後日、電話など入れないものだが、吊り橋を渡ってきた男性たちは違っていた。後日、男性から電話がかかってくる確率はきわめて高かったという。この実験の場合は、男性が対象だが、もちろん女性の場合もまったく同じことである。男性たちは大きくゆれる吊り橋の上の恐怖で、興奮状態にあったが、そうとは知らず、その状態2どうしたら、彼女と親しくなれるかで女子学生に出会ったため、自分はこの女子学生に会ったから興奮しているのだと思い込む。そこから、男性がそこはかとない恋愛感情を持つようになったのだ。遊園地へ彼女をデトに誘うのも、彼女に吊り橋を渡らせるのと同じ意味があってのことだ。

資金づくりのためにこっそりバイトをするくらいなら、「いまの僕には無理だから、どうしてもいきたければ二人で計画をたてよう」と言える勇気を持ちたいものだ。要求には応えてあげたいがレベルが高すぎるなら、二泊の旅行を日帰りの遠出旅行にというふうに、ワンランク下げればいいのである。恋愛とは両者が互いに歩みよるもので、どちらかが犠牲をはらうものではないのである。*彼女のおねだりに応えられないときは、無理して応えようとせずに、はっきりと断わる*彼女の要求を絹香みにするのではなく、レベルを下げて、ニ人で楽しめる方法を考えるを忘れてなぜ、二枚目より三枚目のほうが女性にモテるのか人は、笑うことで緊張がほぐれ、自分を笑わせてくれた相手に対し積極的な気持ちになる映画『男はつらいよ』で、主人公・寅さんが女性にほれては、最後はふられていく毎度おなじみのパターンはどなたもご存じだろう。この寅きんは、いつも女性にふられっぱなしだからといって、恋愛の下手な人ではない。むしろ、女性へのアプローチの方法は上手なくらいだ。毎回のお決まりのパターンだが、寅さんのマドンナとなる女性は、最初はへンな人と思っていても、{貝きんに会って話していくうちについ笑いころげてしまう。最後には、寅さんに向かって「こんなに笑ったの、はじめてよ」「寅さんって、ほんとうにおかしな人ね」と言って、気持ちを許してしまうのだ。寅さんは、笑わせることで、相手の気持ちを自分のほうへ引き寄せているのだ。8笑いには、もともと緊張をほぐす効果があるが、それ以上の効用がある。笑うこと自体が相手の話に反応した証拠だが、女性は自分を笑わせてくれた相手に対して積極的に反応しようという気持ちになるので、笑ったあとには、さらに相手の話に敏感になってくる。笑いころげた女性は、そのあとの話がすこしくらいつまらなくてもおもしろく感じてしまうのだ。2どうしたら、彼女と親しくなれるか二枚目より三枚目がモテるのも、このためだ。二枚目というのは、見た目にいいかもしれないが、話がおもしろくないとそのあとがつづかない。女性の反応は鈍いままだし、そのうち彼女は、二枚目と緊張しながら顔をつき合わせているより、気楽に話せ、自分を楽しませてくれる三枚目のほうがはるかにいいと思うようになってくる。寅さんのようにうまく女性を笑わせるのはすぐには無理かもしれないが、デートのときは、彼女が笑いそうなおもしろい話題を用意しておくことだ。

むろん、彼女の見てないところでもだ。ふだんの生活の中で当たり前にしておけば、いざというとき、付け焼き刃がパレずにすむ。説教くさいと思われるかもしれないが、彼女に与える印象を考えれば、電車の中で席を競るくらいは簡単にできるはずだ。*彼女だけに親切にしようとせず、他人にも親切にするニとが、彼女に信頼感を抱かせる”なぜ、女性は自分の言いなりになってくれる男をeやさしい人と思ってしまうのか女性は、男性に甘えることで父親的な保護を求めようとする最近の女性には。かぐや姫。が多いという。もしも、このひと言で「まったくその通りだな」と納得できる男性がいたら、おおいに女性とのつきあい方を見直して欲しいと思う。昔、『竹取物語』に出てくるかぐや姫は、自分の要求する宝を持ってきてくれるかどうかで、貴族の若者の誠意を試した。男性たちも、かぐや姫を自分のものにしようと、やっきになり、どんなに高価なものであろうと、手に入れる苦労がかかろうと、姫に捧げようとしたのだ。いま、こうしたかかぐや姫コンプレックス。に陥っている女性がひじように多いようだ。「あれ買って」「これ食べたい」「あそこに行きたい」と彼女たちの欲望は果てしもない。ひとつ満たされると、そのうえのものが欲しくなる。男性に限界が訪れると、女性は月からの使者でもないのに、月のようにはるかかなたへ去ってしまうのだ。たしかに女性にも問題があるのだが、こうした彼女の要求をすべて満たしてあげることが男性のやさしきであり、誠意なのだと考えてしまう男性にも問題はある。女性は自分でも無意識のうちに、異性に対して父親的な庇護を求めている。幼いころ、父親はねだられれば何でも買ってくれた。父2どうしたら、彼女と親しくなれるか親に甘えられたように、恋人にも父親的なやさしさを求めているだけなのである。ところが、彼女らは都合のいいことに、できないときにはかという。強い父親しまっている。ほんとうの父親は、できないこととできることを区別していたはずだ。恋人となる男性も、ここは、彼女のお父さんのように。をしっかりということだ。それで、彼女が去っていくのなら、あきらめたほ、つがいい。逆に、一人前の女性なら。と言える男性にか父親の強き。を感じ、ほれなおすだろう。。と言ったあとに、女性に現状を認識させることが、今後、二人の関係を深めるべスになる。「夏に南半球でスキーしたい」「クリスマスはホテルのディナーショ」というような要求にすべて応えることが、真のやさしさではない。

それだけのことでもH男らしき。はアピールできる。*パチンコ屋など、女性には踏み込みにくい。男の世界を見せ、自分の存在感をアピールする幻なぜ、女性は形式だけのレディファーストでも喜ぶのか女性は、連れの男性の他人へのふるまいから、自分への本心を見抜こうとするある日、私が電車の中で見かけた若いカップルの話である。電車の中にズカズカとはいってくるや、男性が一人分の空席を見つけてそこを陣取るようにし、あとから来た女性を座らせた。遅れてきた老女のことなどお構いなしである。電車が動き出すころには、女性の前で相手の男性と老女が吊り草につかまる格好になっていた。女性は座ったまま、男性は立ったまましばらく無言の時間がつづいたが、つぎの駅が近づくころ、女性は立ち上がり、老女に席を譲ってしまったのだ。私はこの光景を見て、もしかしたら、このカップルは長くつづかないのではないかと思ってしまった。男性にすればレディファーストを心がけたつもりだろうが、彼女にとって、それはにせもののレディファーストとしか映らなかったようである。彼女は、自分の席のことよりも、老女の席のことを男性に考えてほしかったのではないだろうか。たしかに、女性はレディファーストに扱われるのを喜ぶが、他の人間を押しのけてまでレディファーストされようとは思っていない。男性から親切にしてもらえるだけで、ほんとうはうれしいの2どうしたら、彼女と親しくなれるかだ。また、他人を押しのけてまで自分にレディファーストを行なおうとする男性に、とってつけたようなものを感じてしまう。人を差別しようとする男性を見て、いつかは自分も差別されてしまうのではないかとも疑ってしまうのだ。そう考えれば、男性も慣れないレディファーストを行なう必要はないだろう。不慣れなことを無理にしようとするから、さきほどの男性のようにポロが出る。もしかしたら、彼はいままでレディファーストなどしたことがなかったから、みっともない失敗をしたのかもしれない。むしろ、彼女だけではなく、すべての人に親切にしようと心がけるくらいでいい。男性から親切にされてうれしくない女性はいないし、他人にも親切な彼の姿勢を見ることで、自分も親切にされているのだろうとい、ヱ女心感を抱く。見ず知らずの他人に対しても親切な男性は、自分に対してはより親切であろうということくらいは、女性はわかっているのだ。そう考えれば、男性はふだんの生活での人への親切を心がけておくといいだろう。